大切な人が残した想い出の詰まったものだから・・

大切な人の残した品だからこそ丁寧に扱ってもらえる遺品整理業者を探したいあなたへ

あの人と共に時間を過ごした大切な形見や品々

あなたの残した大切なコレクションの数々・・

大切に集めたものだから、価値のわかる方に譲りたいと思うあなたへ

遺品整理は、ご遺族にとって何度もあるものではありません。

実際に遺品整理の必要に迫られた時、どのように進めたら良いか、いつ始めるのが良いか、何から手を付けたら良いかを迷われる方がほとんどではないかと思います。

遺品整理をする時期について大切なポイントを知りたいと思いませんか。

遺品整理をする時期とは 3つのポイント

そこで、遺品整理をする時期について”とても大切なポイント”を3つ紹介いたします。

1.まず始めに注意すること

遺品整理を始める前に、注意をしなければならないことがあります。それは、相続人が複数の場合に「相続財産の手続きを済ませる」必要があるということです。

これは、当たり前のように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、相続に関するトラブルにもなりやすいので注意しましょう。

相続財産の手続きが終わった後に「価値の高い遺品が出て来た」「不明だった不動産登記書が出て来た」となった場合は、再度手続きが必要になり、再度相続人全員の署名が必要になるなど、大変手間が掛かりますので、先に故人の部屋に相続価値のある物がないかを探しておく必要があります。

また、故人の亡くなったことを知った日から10ヶ月以内に相続の手続きが済まされない場合、最大20%の重加算税が発生しますので、ご注意ください。

2.遺品整理をするべき時期

①.時期が遅れると負担が発生する場合は早めに

故人の住んでいたお部屋が、賃貸の場合も多いでしょう。その場合、明け渡しが遅れれば遅れる程、余分に家賃を負担しなければなりません。
相続や事務手続きに必要な書類を捜索し、各種手続きを進めることと同時に、遺品整理も進めて行かなければなりません。通常、賃貸の場合は亡くなってから1ヵ月半程度を目途に片付ける方が多いです。
思い出の品物を選別している余裕が無ければ、一度保管出来る場所に移して後で選別することも一つの方法です。

②時間的余裕のある場合は状況に合わせて

遺品整理は、故人との思い出を振り返られ、改めて故人の大切さを感じることもできる大切な儀式の一つとも言えます。しかし、故人を大切に想うがあまり、なかなか作業が進まなかったり傷心のため判断がつかないことも多々あります。時間的な余裕がある場合は、焦らず、気持ちが落ち着いてから進めることが良いでしょう。

①と②いずれの場合においても、親族同士でよく相談し、冷静に対応することが必要です。

Calendar

3.自分の力だけでは遺品整理が出来ない場合

遺品整理
すぐに遺品整理をしなければならない場合、時間的余裕はあるけれどいつかは遺品整理をしなければならない場合のどちらであっても、自分の力だけでは遺品整理が出来ない人が多くなっています。近年、核家族化や社会の高齢化に伴い、そうした傾向は益々顕著になって来ています。

自分の力だけで遺品整理が出来ない場合は、お近くの遺品整理士に依頼することで、心の負担や体力的な負担を和らげることが出来ます。

時間の都合や体力的負担により遺品整理が難しい場合、気持ちの整理をつけて遺品を整理できない場合など、自力で解決出来ない場合は、業者に依頼することで解決しましょう。